知らなかった!いまゲストハウスが選ばれる訳

ハイシーズンのホテル予約は大変!

旅行で重要なのは誰とどこに泊まるか、ということです。事前に多くの資料を集め、良いホテルを予約するのにやっきになる人も多いでしょう。高級旅館やホテルはハイシーズンになるとどこもいっぱいだし、ビジネスホテルもシーズンによっては予約が難しいところもあります。また2~4人部屋と人数が増えるに従って宿泊費が安くなるものの、話題のお一人様旅行では、宿泊費が割高になる割に部屋が狭くなるといった悲しい現実もあります。

ゲストハウスは一人からの予約がメイン

ゲストハウスは、主に部屋ではなくベッド単位で販売しているところが多く、お一人様だけでなく少人数の同性の旅行にも向いています。多くの旅行者がお一人様であるため、宿で出会った人と友達になって一緒に観光にでかけたという話も珍しくありません。宿によっては男女ミックス、女性専用、男性専用の部屋といった個人の意向に添った選択ができる宿も増えています。こういった宿を利用すれば、一人旅でも寂しい思いをせず楽しい思い出を作れますよね。

進化するゲストハウス

一昔前のゲストハウスのイメージといえば、汚い、共用スペースが不潔、ベッドが安い二段ベッドといった、あまり旅行で使いたくなくなるようなイメージのものが多かったと思いますが、最近のゲストハウスは古民家をリノベーションした町家風であったり、商業ホテルを改装し街の中心からアクセスの良い新しい施設があったりと、以前のイメージよりも使いやすく、おしゃれな施設が増えています。施設の清潔さだけでなく、揺れが少ないベッドや枕元にヘッドライトがあったり、個人の電源が確保されているもの、カーテンでベッドが区切られ個人のスペースが確保されているものなど、カプセルホテルより快適で居心地の良い空間が提供されています。

出張や観光で宿泊施設を使用したいなら、口コミサイトや旅行会社のホームページを閲覧して、旅館やホテルを比較する方法が有効です。