赤ちゃんの命名に困ったときのためのヒント!

どんな人になって欲しいかを想像する

待望の赤ちゃんの誕生を控える中、その名前がまだ決まらないことに困っている人はいませんか?姓名判断などで決める人も多いですが、それでも迷ってしまう人もいます。そんなときは、親が赤ちゃんに望む将来像から、名前を付けていく方法もあります。たとえば、「優しい人」や「たくましい人」などになって欲しい場合は、それらを連想させる漢字や意味を名前に入れていくといいでしょう。親への思いが含まれている名前は、赤ちゃんが成長したときにその意味が伝えられる素敵なプレゼントとなります。

名前の呼び方を意識する

赤ちゃんを呼ぶときの「呼び方」というのは、けっこう大事なことです。親だけでなく、友達からも呼びやすい名前にしてあげると、すぐに名前を覚えてもらえるので多くの人から印象に残るような人になってくるでしょう。気軽に呼びやすい名前は、親しみさが増してくるので、その名前の響きとなる「呼び方」を意識していくことで、赤ちゃんへの愛情もさらに深くなります。繰り返しその名前を発声してみて、気に入ったものがあれば後から漢字を付けていくやり方がスムーズにいきます。

赤ちゃんの顔を見てから決める

赤ちゃんが誕生する前から名前を決めておく人がほとんどですが、なかなか決まらないという人は、思い切って赤ちゃんが誕生した後に顔を見てから決めるのもお勧めですよ。初めて見る赤ちゃんの顔を見て、そこから発想が広がる可能性も大きいです。全ての赤ちゃんは可愛らしい存在ですが、親の立場から見る顔はいろいろな思いが出てきます。そこから出てきた思いをそのまま名前に結び付けることも、親ならではの素晴らしい愛情です。あらかじめ気になる名前をいくつか決めておき、顔を見た後にその顔にぴったりの名前をその中から選んでいく方法もいいですね。

姓名判断とは、名前の画数などによってその名前を持つ人の運勢や性格を占うことを言います。新生児の名前をつけるときにはよく使われます。